九州大学病院再生歯科・インプラント研究会に参加してきました!

securedownload[3]securedownload[2]

九州大学病院再生歯科・インプラント研究会 ハンズオンスキルアップコースに当院院長が参加してきました。

今回は「安全・安心なサイナスアプローチ」をテーマに講義と豚顎骨を用いた実習が行われました。

今回テーマになっている「サイナス」というのは、上顎の骨の中にある空洞「上顎洞」のことです。

歯科ではインプラント治療を行う際、上顎の骨の不足のため上顎骨を造成するケースがあります。その際、一般的に上顎洞の底の部位に骨移植を行います。その手術のことを「サイナスリフト:上顎洞底挙上術」と呼びます。

今回のセミナーでは上顎洞へアプローチする術式、上顎洞の解剖学的知識、CT読影等を復習確認する良い機会となりました。九州大学病院再生歯科の先生方、丁寧なご指導ありがとうございました!