AED設置に伴い、講習会を行いました!

FullSizeRender-4

鎮守歯科でもAEDを設置することとなり、それに伴いインストラクターの方にきていただき、講習会を行いました!

AED…自動体外式除細動器とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、市場なリズムに戻すための医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されているので、目にする機会も増えてきた様に思います。

AEDは使い方を音声でガイドしてくれる為、簡単に使用することができますが、やはり緊急時に一分一秒でも早く使えるよう定期的に講習を受け、事態に備えなければとスタッフ一同気を引き締めました!

日本臨床歯周病学会平成28年度第2回九州支部教育研修会へ行ってきました!

FullSizeRender 4

昨日、レソラNTT夢天神ホールにて日本臨床歯周病学会平成28年度第2回九州支部教育研修会が行われましたので、鎮守歯科医院院長、副院長、歯科衛生士林の3名で参加してきました!

今回は「歯周治療で本当に必要なこと〜歯周治療におけるチーム医療の実践と展望〜」をテーマに

広島市の高井康博先生、東京都調布市の小林明子先生、福津市の水上哲也先生がご講演されました。

3医院とも、20年以上歯周病の患者さんと真摯に向き合い、丁寧な治療とメンテナンスを継続されており、大変勉強させていただきました。

ご講演の中で「チーム医療に歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付、歯科技工士が含まれるのはもちろんですが、患者さんも含めてのチームです!」というお話がありました。

患者さんに、ご自分のお口の中のことをしっかりと知っていただき、適切な治療を受け、ご自宅で毎日自分にあったケアをし、定期的に歯科医院でプロのメンテナンスを受けて、ずっと健康な口腔内を保ち、自分の口で美味しく食事をしていただく・・・

そう考えると、歯周病治療チームの主役は患者さんだな!と私は思います。

患者さんにお口の中のことをしっかり伝え、支え、鎮守歯科にくる患者さまにもっと鎮守歯科とチームになってもらえるようドクター・スタッフ一同努めていきます!