タバコと歯周病の意外な関係

ご存知ですか?タバコがお口の健康にもよくないって事。
タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。

喫煙者は、お口が臭い・ヤニがついて汚い・だけではなく、歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすく、ひどくなりやすく、更に治療しても治りにくいことが解っています。
ある統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。
タバコを吸っていると歯肉の腫れや出血が見た目上抑えられ、患者さん自身が歯周病に気づきにくくもなります。
実際に治療を始めても歯肉の治りは悪く(もちろん何もしないでいるよりは改善しますけれど)、手術を行ったとしても効果の現われ方が非喫煙者よりも低いのです。しかも、治療後経過を追っていくと、喫煙者の歯肉は再び悪くなっていく傾向にあります。どうしてこういう事が起こるのでしょうか?

タバコの煙に含まれる「一酸化炭素」は組織への酸素供給を妨げますし、「ニコチン」は一種の神経毒で、血管を縮ませるので、体が酸欠・栄養不足状態になります。
ニコチンは体を守る免疫の機能も狂わせますので、病気に対する抵抗力が落ちたりアレルギーが出やすくなります。
更に傷を治そうと組織を作ってくれる細胞(線維芽細胞といいます)の働きまで抑えてしまうので、手術後も治りにくくなります。
また、「ヤニ」という形で歯の表面に残っているので、歯がざらざらしてばい菌が張り付きやすくなるのはもちろん、いつまでもお口の中や歯肉にニコチンが染み出しつづけることになるのです。

でも、安心して下さい。禁煙することで、この危険性が下がっていくことも、研究の結果解っています。「歯周病にかかりやすさ」は4割も減ります。手術後の治療経過も禁煙者は非喫煙者とほとんど差が無くなります。
ちなみに他の病気でも、肺癌にかかる危険は喫煙者では非喫煙者の4.5倍ですけれど、禁煙すると4年で2.0、5年で1.6、10年で1.4倍と着実に落ち着いてきます。

腰痛について

腰痛は「現代病」の一つともいわれています。
慢性的な運動不足に陥っている今、筋力の低下、体力の低下、柔軟性の不足によって靭帯や骨に負担をかけています。
腰痛の主な原因として普段の姿勢の悪さ、脊椎の異常、内臓疾患、心理的問題などがありますが、がん院は様々であり痛みの種類も複雑です。自己判断はかえって状態を悪化させてしまうことがあります。まずは医師の診断をしっかり受けてください。

《腰痛をやわらげるPoint》
☆お腹を突き出したり、腰をそったような姿勢はしないほうがいい
腹筋と背筋のバランスがとれているとこういう状態はおきにくい
☆ハイヒールのような高い靴を長時間はかないほうがいい
☆長時間同じ姿勢をとらないほうがいい
・長時間立っている時は(料理などするとき)高さ15~20cmぐらいの台の上に片足ずつのせるようにすると腰にかかる負担が少なくなる
・座るときは比較的堅いシートと背もたれ、高さは膝と腰をそれぞれ90℃ に曲げたとき足の裏が床にしっかりつくのが理想
・眠っているときはなるべく横向きで膝をまげた姿勢か、あお向けでも膝が曲がらないように膝の下に毛布や枕を置いた姿勢
・車を運転するときは座席をなるべく前の方に進め、膝の位置が脚のつけねの位置よりも少し高くなるようにする(何時間かおきに休憩し外で軽くストレッチを行なうのも良い)
・重いものを持ち上げるときは膝を曲げてしっかりとしゃがみこみ物をなるべく自分の体の方に引き寄せて腰部をしっかりと固定したまま脚の力で持ち上げる
筋肉を鍛えることは大切です。が急な運動はかえって腰を痛めることになります。できるだけ毎日正しい姿勢で(意識して)無理なく歩くぐらいの軽い運動を続けることが大切です。

お口のいろいろな役割について

歯や舌や唇を含めた人間の口は、他の臓器や器官に比べて多くの役割を持っています。

まず第一の役割は食物を摂取し、かみ砕き飲み物などを飲み下す消化器官です。食物を食べるには、顎や舌などの連動が必要です。人間の口の運動は、お母さんのお腹の仲にいる胎生13週のころから唇や舌の運動が始まり、体内で羊水を飲み込むようになります。30週ころには唇で吸う運動がさらにつよくなってきます。このように母親の胎内にいるときから咀嚼や嚥下運動は始まり、赤ん坊は生まれるとすぐに口を開けて泣き、乳房にふれると吸い付き、お乳を飲み込むことができるのです。

第二の役割は発生です。
日常の会話に使われる声は、肺から出される空気が声帯を振動させることにより発生し、母音・子音の音色は舌・歯・唇・顎などによって口の「共鳴膣」の形を変化させることで、目的とする音を作り出します。

第三の役割は味覚です。
食物の味に感受する味覚器官である舌は、胎生14週ごろには体内の羊水中のブドウ糖や塩類などの刺激に対し、味を感じる感覚器官である味薔と呼ばれる感覚細胞が反応をしめすようになります。特に甘味は、新生児のころから強く感じます。

このように口は胎児の頃からいろいろな役割をもった多目的器官としての機能を持っています。